離婚 相談 財産分与

財産分与とは?

財産分与とは、離婚のときに夫婦の協力で築いてきた財産を2人で分け合うことをいいます(民法768条)。日本では、原則半分ずつ分けるのが原則となっていますが、実際には慰謝料や離婚後の生活保障を考慮したりするなどさまざまです。

財産の対象は、 結婚してから二人の力で築き上げた財産は全て対象になります。
婚姻時に既に所有していた財産は分与の対象になりません。

財産分与の対象となる財産は次のものです。

 ・住宅などの不動産
 ・預貯金 ・株券 ・会員権
 ・絵画や骨董品などの経済的価値のある物
 ・家庭用電化製品や家財道具類(新品)
 ・退職金 ・年金など

財産分与の対象にならないものは次のものです。

 ・自分の親から相続した財産
 ・婚姻時に既に所有していた財産
 ・婚姻の際に実家から持ってきた財産など。

離婚を考えたら、どんな財産があるか調べることからはじめましょう。

離婚を決めて1日もはやく次のステップに移りたい方はこちらから。


HOME

 

サイトマップ

株取引がしてみたい